暮らし・生活の情報を交え、注文住宅・リフォーム 空間の考え方を紹介したブログです。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
 リフォームを考え始めるとあれもしたい、これも・・・・と
考え始めるとどんどん出てくるものですね。

アドバイスとしては、盛り沢山にし過ぎずセンスよくシンプルにコーディネートされた
方が後々 暮らしやすさと繋がります。
生活をしているといろんな色・形・素材が溢れてきます。

何をポイントにされるかを決定し、その部分がセンスですので
沢山いろんな素材・色をつけ過ぎていきますと・・・
リフォーム終了してから、あら? 何か思い描いていたイメージと????

現在、マンションリフォームされているお宅をご紹介します。
とてもセンスよくまとめられています。

リビングにアクセントクロス
s-terraアクセントクロス


和室を解体しリビングを広くされ、基本はグレーのクロスをセレクトされました。
こちらのクロスはピンク・紫・ホワイト の色が合います。
後々家具・カーテンが入ってもまとまった空間にしてくれます。

そして
限られた空間のWC
s-terraテシード

床から天井までのびやかに貼られたクロス(ヨーロッパのクロス・準不燃)
大胆でいて繊細。最新のトレンドに合わせつつも高級感漂う色彩と柄にこだわった壁紙です。

先日のカラーセミナーでもありましたように青系の色を使用すると限られた空間でも少し広く感じます。

お友達が遊びにきた時にドアを空けた瞬間が楽しみですね。

内装リフォーム キッチンリフォーム マンションリフォームするならアトリエテッラへ
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
 本日は北海道未来総合研究所さん主催のセミナーに
参加して参りました。
テーマは『北海道開発の展望と民間への期待』・・

・日本の課題(GDP・成長率・食料自給率・温室効果ガス排出量)
 世界、日本、北海道からの視点でデーターを教えて頂きましたよ
・国土形成計画
 東アジア各地域との関係を日本を8ブロックに分けて各企業(大手さん)の
 設備投資(戦略)の現状を伺いました。
・北海道の課題
 自分としてはここがやはり興味あるテーマであります。

 北海道総合開発計画の沿革は19年で第6期を通過したところで
 北海道の資源 農業・漁業・製品出荷(道外へ)・観光交流の
 強い地区の分布図の説明をいただいたんです~
 
 強いところは更に改革しながら『進め・進化』ということでしょうね
 農地をみると全国の25%の耕地面積を占めており、自給率としては
 北海道195%で日本の自給率に貢献しております。
 四季もはっきりしているし、土がいいのでしょうね。
 手間と愛情がかかっているからですね。

 これから情報・流通・環境・医療 という点から共生・自立がキーポイントに
 なると各データーからお話をいただきました。

 平成22年に稼動予定されている十勝港 多目的国際ターミナルのお話も
 伺い道外への戦略が道東へのマーケットへの活力になるのだろうと
 思います。
 
 経済が活性化しませんと私共民間の生活・暮らしも循環しませんので
 道産子さんとしてはここが皆の明るい北海道に向けての発想の時期と
 感じた時間でした。

 大きな大河の流れと 日々の小川のせせらぎ バランスを取り生活を
 楽しめるといいですね。
 うん!? 本日30日 イオンにお買い物行ってきます。(笑

 増改築・リフォームするなら アトリエテッラへ

 
 
 

 

 

 

 
新登場です。
http://www.toyokitchen.co.jp/news/index.html

アフリカスタイルの空間造りもちょと楽しいです~ 

 

 

 

 
 日々お仕事をさせて頂いて感じる事は
お客様、職人さん、メーカーさん、仕入先等 お仕事を進めていく上で
様々な方の思いと手が入っております。

自分達のお仕事も一方通行ではなく『双方向』で良い空間・デザイン・暮らしやすさ使い易さ
というものが出来上がっていくものであります。
一歩的ではなかなか人の心は動くものも動かないものになる事が多々あります。

一歩的に伝えている事、方は それが当たり前と思いつつ伝えようとしますが
何事も組みあがって出来ていると 感じなければいけないと・・・

互いの『感謝』という言葉がどんなに表現が難しいのかが実感します。
言葉では分かっていても、教えられても 自分達の中に落とし込むまで
時間は必要ですね。
待ってもらえている感謝、分かってくれるだろうという思いを、期待というものに変えて
繫ぐ・・ 人は忘れがちになるのが常で。

合理的?便利?時代に動かされ 何か置き忘れてきた大切な
あるかもしれません。

医療関係の方とお話していると『諦め』という受け入れなければいけない言葉も
職場であり、その強さ・・
その時まで懸命に生という 役割を果たしたいものだな~ と考えた次第です。

昨日は、当社ロゴを製作していただいた寺島デザイン制作室 寺島社長
北海道未来総合研究所 G氏 シーダースコミュニケーションズ Y事業部長 ご来店
頂きました。心が柔らかくなるお時間を過ごさせて頂き有難うございました。

注文住宅 リフォーム キッチンリフォーム するならアトリエテッラへ 

 

 

 

 
 本日のお客様と話題に上がったのが『言葉使い』
ふっとした時の言葉使いで
その お人柄が伺えるのが言葉の使い方・・・

お年を召した方でも『あら?』そんな
言葉を使われる方なんだ・・・ と
ちょっと前に『品格』という言葉が話題にものぼりました。

様々な方とご縁を頂く自分ですが、上品に振舞われいても
やはり保つ(維持するのも)のも難しいものなんだから
あまり無理されない方がらしくって良いのかもしれません(笑 
自分もそう感じる時があります。

ある方の書籍を紹介します。

マナーは訓練というより性格の問題。とその書籍の一文

ボルドリッジ エグゼクティブ・マナーズ著
発売元 ダイヤモンド社


自分が東京でお仕事をしていた時代の事・・・
素敵な20歳上の女性からプレゼントとして戴いた書籍です。

女性社員教育の時に大変 参考になりました。
義務を果たさず(いろんな意味が含まれているかと思います)権利ばかり
主張するバランスの悪さにコミュニケーションマナーが活かされず
要求ばかりとなってしまう。

原点は大切 
30代は30代なりの、40代は40代なりの、○○○ 

本日は風で大木の種が落ち、掃いても々も

 

 

 

 

 
 昨日は富良野へ
昨年 近藤康夫さんの設計 で建てられたホテル
富良野の駅 目の前 にあります。

白いライラックが迎えてくれました。

観光客の方には北海道を満喫していただけるよう
工夫が各所にされています。

五感に刺激を与えてくれ ゆったりとした休日を過ごせるホテル・・・

レストランではお野菜がいっぱい入っている『エゾ鹿カレー』を
頂きました。 ルーのお味がバツグンです。
s-terraIMG_0840.jpg

http://www.natulux.com/about/index.html

そしてスイーツはアスパラのジェラードです。
s-terraIMG_0841.jpg

レストランに座ると滝をイメージした壁面があり
夏になると水の音も楽しめたりします。
首都圏から北海道に来ますと コンクリートの世界から深呼吸できる柔らかいイメージの
ホテルで何か、水が体にしみこんでいくような・・・そんな空気感のある空間で過ごしたい
ですよね。

リネンも気持ち良い素材をセレクトしていただいているようです。

ホテルの横に6月初旬 カフェがオープンします。こちらも近藤康夫さんの設計です。
又、後日 ご紹介したいと思います。

リフォームするならアトリエテッラへ 

 

 

 

 
 本日、イオン店にて塗装セミナー & 1級カラーコーディンター 外崎先生を
お迎えし色についてお話を伺いました。

楽しかったですね~ 暖色系と寒色系までは皆さんお分かりになると思いますが
s-terraIMG_0837.jpg


暖色系の色をした家具等でお部屋をコーディネートするとぼうちょう色なので
少々圧迫感を感じるのは ????色の不思議。
寒色系ですと少々狭いお部屋が少し広く見えるという現象・・・

色をコントロールしてみてはいかがでしょう。

リフォームするならアトリエテッラへ

 

 

 

 

 
 築年数が20年程経っているマンションですと床の段差と天井の高さの違いがあり時代背景が感じます。

現在、施工中のマンションの天井面です。
s-terraIMG_0818.jpg


左側に玄関があり、右手には和室がありました。(和室の壁は解体済み)
手前はリビング と
この写真のカット1枚でも天井の高さは3パターンとなってます。

20年前の新築の時には、リフォームを想定しなかった・・する必要も無かった時代でも
あるかもしれませんね。

不動産の売却・家族の構成の変化等 時代と共に建築に求められるお客様のニーズも変化
しております。

都度ブログでもご紹介しておりますが、住まいに関してそれぞれのご家族が暮らしやすいと
思われるテーマ・こだわりを伺い なるほど・・と感じることも自分達にもありますね。

先日施工が終了したお客様のことを振り返りますと
お客様は喘息だと伺いました。
暮らし振りを拝見すると理由は・・・少々お住まいにもあったかもしれませんね。
施工しこれで健康的な生活を送っていただけるかな~

リフォームは、新しい生活の始まりです。健康に明るく暮らして頂ける様
今後もお手伝いが出来ればと感じた次第であります。

リフォームするならアトリエテッラへ



 

 

 

 

 
 北海道初 スタイルキッチン(サンウェーブ工業)施工終了です。

換気扇がミニマムで、収納も全て稼動式タイプです。

フローリングも張替え、クロスもリフォームしたのでピカピカのお部屋になりました。
キッチンが本当に 家具 となりました。 キッチンの向きも変更です。

■ 施工後

AFTER.jpg


 施工前 (解体作業中)
BEFORE.jpg


お部屋の空間がシンプルに広く感じます。
シンク・IHヒーター廻りも全てクロスを痛めないようにキッチンパネルでカバー
しました。

キッチンリフォームするなら  マンションリフォームするなら リフォームするならアトリエテッラへ 

 

 

 

 
 1軒屋もマンションも10年程するとリフォームを
検討される時期を迎えられるようですね。

同じリフォームでも1軒屋とマンションリフォームではもちろん
施工方法も提出書類も(電気・火災報知機 等)違ったり
ご近所とのお付き合いもいろいろあったり・・・
ご相談のお客様からのご要望で(情報)ご近所との
ご縁の深さ、お付き合いの状況 は大切な情報となります。

施工が始まりますと何業種もの業者さんが入ることが
何回かあります。
お客様はこんなに沢山の方が造りあげてくれるんですか?と
驚く方もいらっしゃるのも事実です。

リフォームは新築とは施工のスタンスも違いますので
数多く入る業者さんの連携が図れるからこそ・・なんですよ。

さて、皆さんマンションの天井裏ってあまり見る機会ないですよね。
こういう感じです。見上げてごらん~ 

s-terra天井裏 換気


ダクト・電気配線 他 火災報知機 スプリンクラー等々
当社のマンションリフォームマネジャーは大忙しです。

リフォームするなら アトリエテッラへ

 

 

 

 

 
 皆さんの休日の過ごし方、趣味は何ですか?
女性・男性 分かれるかもしれませんね。
又、お子さんがいると行動範囲も広がりますしね~

先日、ふっと天気の良い日に海へ
本を読みながら、、、、絵を描きながら、、、何かを口にしながら、、、

釣ったというよりもれなく付いてました。
s-terraなんじゃ?釣ってしまった


初めです。釣った時にどこからともなく現れた3人の男性・・に
針からとっていただき 晩御飯のおかずになりました。

道具を揃えるとなると大変だあ・・・

リフォームするならアトリエテッラへ  

 

 

 

 
本日は朝陽が気持ちよく、朝のお散歩へ

お散歩コースは北海道神宮さんへ
s-terraIMG_0799.jpg


道産子は小さい頃から何度となく訪れる場所・・・
北海道では珍しい檜も植わってます。
今朝はリスがお迎えをしてくれました。

なんとなく 早起きは三文の得 とはこういう事でしょうか・・

施工現場を預かりますと、着工時にはその安全を願い
手を合わせに行っております。

そうそう 新築の時は地鎮祭を行いますが
あるお客様の地鎮祭の時に朝 曇っていたお天気が
宮司さんが祝詞をあげ始められてから光が差し
まーなんて有難い事だと 思った記憶があります。

お客様もやはり 始まり これからの事がお祝いされているようで
喜ばれておりましたよ。

本日は大安でもあります。皆さんも気持ちよい一日が過ごせますように。

リフォームするならアトリエテッラへ

 

 

 

 

 
 新築分譲マンションを購入されたお客様より
ご依頼を頂き システムキッチンの
シンク下に分別ゴミを置ける スペースを設置しました。

前回ブログでも報告させていただきましたがその結果です。
玄関からお客様が入ってこられた時にキッチンの中を
見せたくないというお客様のご相談も多くなってきますね
今回もやはりリビングにお客様をご案内する
時にはキッチンが見える配置でした。

できればキッチンの面材をそのまま活かし
ゴミ箱は制作せず既成のプラスチックゴミ箱を使用していたける事が
後々の問題は解決できるのではないかと思い
下の納めとなりました。
■施工前 シンクの下は2段の収納となってます。
s-terra施工前

■施工後 1段目はそのまま、2段目の面材を加工
s-terra施工後

■設置  するとゴミ箱が入るスペースが確保できました。
s-terra設置


工場でシステム化されたパーツを外し、新しい金物をオーダーで作成してもらい
お化粧を化粧板でしました。

職人さんの技術がないと『出来ますよ』とは言えません・・。

引出しの置くには、浄水器を設置し シンク上にカラン(蛇口)を出し
コンセントをシンク下に増設。
3業者さんのご協力があってこそ(感謝感謝)
お客様に喜んで頂き『又、お願いしますね』と
言っていただける。

お客様のイメージを形にできるのもやはり、新しい情報があっての事
各メーカーさんの詳細図提出していただいて判断も出来ます。
ご協力に感謝です。

『使い手・住まい手』に応える姿勢・技術がサービス =マーケットだと
当社は考えます。
『出来ません』『遣ってください』は簡単ではありますが物造りの日本の匠の
腕を未来も繫いでいけるよう私達も工夫をしていきたいと思ってます。
お客様の声・造り手側の声 を聞き形に。

マンションリフォームはマンションリフォームマネージャーがいるアトリエテッラへ
ご相談ください。

リフォームするならアトリエテッラへ  

 

 

 

 
 永くご縁のある素敵なお花屋さんをご紹介します。
フレンチラインさん:
http://homepage2.nifty.com/french_line/


フランスのお店の名前のとおり、お店の中に入ると
フランスパリの色彩に溢れております。

お花のセンスも流石ですが、アレンジもお願いするとそのセンスが
分かっていただけると思います。

そう六本木のお花屋さん以上のセンスだと思います。

どうぞ一度 フラッと伺ってみてください。

リフォームするならアトリエテッラへ  

 

 

 

 
アイカ工業さんの新商品を拝見して参りました。
古谷誠章さんのお話も伺うことができました。

http://www.furuya.arch.waseda.ac.jp/professor.html

マスタープランだけでは機能しないこともある
なんとなくの空間が快適でもあったりする。

両極面があってこそバランスが取れているんでしょうね。

前は『空間・時間・人間』であった考え方が
今は『人間・時間・空間』であり建築が活かされるという内容でしたね。

人間が時間をかけ空間を作っている。

ご本人はごちゃまぜが好きなんだそうです。
それは、空間の利用方法を使う側の立場を考えられているからなんでしょうね。

生身の人間が外部環境(自然・気候風土・人工的な要因)に合わせ
調和させていける絶妙な組合せ・・・

『気持ち良い空間』は永く残るものですものね。
施工する私達も日々のテーマとして
お客様接点で捉えていきたいと思います。

注文住宅 リフォームするなら アトリエテッラへ 

 

 

 

 
 雨が気持ち良い季節になりました。

さて、マンションリフォームを本日もご紹介します。
既存のキッチンを外し、配管の後ろに反対側のトイレの壁面が
見えます。s-terraトイレ側壁出


黄色ぽっく見えるのがその壁面です。
トイレの天井が低かったので天井裏に何か走っているとは
思いましたが・・・
又、トイレ側に点検口を作り 配管のメンテナンスに備えているようですね。

パイプスペースの図面は何十年か経っているとリフォームも何度か
重なっている事もあり・・・ 

更に暮らしやすくお客様のご要望に応えられるよう現場の確認は
皆で進めていきます。

マンション共有部分(エレベーター内等)は養生を工事着手よりしており
お住まいの方のご協力は欠かせません。

今週末には『北海道初 のキッチンが施工』されます。
お料理するのが楽しくなるような・・・

マンションリフォームはマンションリフォームマネ^ジャーがいるアトリエテッラへ

リフォームするなら アトリエテッラへ キッチンリフォーム
 

 

 

 

 
  マンションリフォームで多いのが和室をリビングにしたいという
ご希望が本当に多いですね。

リフォーム工事を着手すると建築の歴史が分かります・・・

下の写真は和室をリフォーム 解体した所です。
s-terra和室解体


ここは軽量鉄骨が入っておりました。
そして見えがかりは柱でしたが、中は軽量鉄骨でした。

天井を落としてみると
s-terra和室天井裏


梁の部分等 配線を渡せない箇所も出てくる事がありますので
新築のように配線計画を打ち合わせ通りという訳にも行かなく
なることもありますのでお客様とリフォーム工事中都度打合せが必要になります。

そしてキッチンリフォームも承りましたのでキッチンを外してみると
配管処理がある訳ですが
軽量鉄骨の間で給排水管が処理されているので 角度を振るには
壁を少々 フカ(10cm程、出す)してキッチンの形状変更の配管関係を
納めていかなくてはいけません。

ここでチームの連携プレーがやはり力を発揮します。

フローリングも剥がしてみますと『』エッー
施工現場は本当にいろいろあります・・・・

マンションのコンクリートは長い時間の中で変化している事もあり
新しいフローリングを貼る為にフラットにした状態でなければやはり
綺麗にリフォームは収まりません。

施工工程を1日でも工夫し、お客様に落ち着いてもらえるよう皆努力を
しております。

 キッチンリフォーム マンションリフォームするなら アトリエテッラへ 

 

 

 

 
 春にはやはり外廻りのリフォーム
外壁塗装と昨年のドカ雪対策で雪ッピが出来るので
隣地に雪が落ちないよう雪ッピカッターを取り付けました。
横山様 雪弊


施工前は外壁に紫外線・雨雪等の影響もありヘアーラインのような
ひびが何箇所か見られましたが、2度塗り塗装をし綺麗に完成です。
ひびもそのままで放置しておきますとそこから雨水も入り 凍害の繰り返しと
なり躯体に影響が出てきたりしますので皆さんも一度外廻りをチェックされてみてください。

足場を組みますから、できたら屋根も一緒に塗装した方が予算的にもお薦めです。

玄関から階段、リビングとクロス貼替え、外階段に手摺をつけました。

塗装 外壁 リフォームすなら アトリエテッラ

Nさんへ
心あたたかなご家族に感謝します。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
東京で頑張ってくださいね。奥様に宜しくお伝えください。  

 

 

 

 
天気が逆戻りしているような今日この頃。
ミャンマーのサイクロン被害をメディアで拝見すると
地球の変化が実感できますね。被災地の皆さんにお見舞い申し上げます。

 昨日、造作家具を納めさせて頂きました。
平面いっぱいの収納家具(飾り棚)を御発注頂きました。
造作家具は壁面にピタッとくつけて納める事が多いので
最終的に現場施工で手を入れていきます。
s-terra作成前


まずは、壁面に納めるには巾木の厚さを解決していきます。
予め壁面にあるスイッチ・テレビ・床暖房等のコントロール版を
外し作成するにはどうするか、点検口のところの納めは・・

 そして鉄筋コンクリートのマンションは梁が出てますので
造作家具の扉部分を施主様がどう考えていらっしゃるかを
伺い図面を引き始め準備していきます。

扉の面材も色・素材感が年々豊富になってきてますので選ぶ時間も
楽しいと思います。

そして約5時間後 完成
s-terra完成1

鏡面仕上げの造作家具の完成です。
とっても施主様のセンスで選ばれた面材の家具はゴージャスに
品よく納まりました。

扉を開けると
s-terra完成2


棚が何枚か入っております。
上の扉を開けると梁が隠れているのが分かりますでしょうか・・・

向かって左の躯体 壁面にはスイッチ・コントローラが集中しており
そちらは開口となっております。
下の扉をあけると側板も点検口の部分は空いてます。

お引越しの前に間に合うと宜しかったのですが
面材の曲げ加工がどうしてもメーカーの器械での対応の為
お住まいになってからの施工となり
休日にお時間を取っていただいた施主様に感謝します。
有難うございました。
今後の永いご縁を宜しくお願い致します。
又、リフォームのご相談がありましたらお声掛けください。

 そうそう先日、船井総合研究所 副社長のお話を伺う機会があり
マーケットのお話を聞いて参りました。
昔は、マスという考え方がありましたがこれからは『お客様接点』という
時代で成熟したマーケットにどんな企画が受け入れてもらえるかと・・・
スクワット分析でいろいろと。
 
 自分も消費者でもあり、提供者でもあります
『サービス』というコミュニケーション方法をどうあるべきなのかを
両極面より日々 お客様にも教えて頂いております。

 タイトルの母の日について:
母の面影・・ 何事も平常心の母でありましたね。荒声を一切上げることのない
母でした。現在?はい 一緒に生きていた時間の倍以上を私は生きております。
女性の鏡でした~ 誰にでも優しく、いつも何方かが尋ねてくださっている家でした。
何故、あんなにソフトな女性が多くの方とご縁があるのだろと小さいながら
どこにそんなパワーがあるんだろうと感じてました。
祖父がある企業の会長という役柄か、守る立場としてもそれは大変だったろうと
今だから深く考える事もあります~ 有難いと手を合わせております。

さて、午後より増改築のお客様の元へ
とってもお話していると暮らしの工夫が次から次へと出てくる
ご家庭ですので私どもスタッフも楽しみにしております。

札幌でリフォームするなら キッチンリフォーム アトリエテッラへ

 

 

 

 

 
 エッツ! 新築のマンションでリフォーム?
暮らしをもっと自分らしく、使いやすい機能性を
考えたりしますと奥様はいろんな工夫を
考えられ『こんな事はできますか?』
と来店・・

ご相談はシステムキッチンのシンク下収納引出しを分別ゴミ箱を入れれるように
リフォームをしたい
新築のキッチンを工事をする・・?もったいないような・・・

キッチンの面材を活かせることが一番でありますね~
大工さんに相談!!造作金物を作成し2段になっている収納引出しを
見た目に1段にし中敷きを取りゴミ箱が入るよう空間を造ることに
しました。
お客様にも納得して頂き、御発注指示を頂きました。

素材を『活かす』という発想はリフォーム、建築には欠かせません。
よくデザイナーが描く絵を納めるにはどうしらいいのかっと皆で
あーしたら出来る、こうした方が良い と

工事の後も活用して頂く、それも永くという時間軸を考え
お客様へ問いかけをし、選択していただく。

お客様の夢を叶えるには簡単な事ではありません
が、施工技術のチームワークがあればまるで『魔法のバトン』を
回されたような『出来てしまうんですね』という感動が生まれます。
そのチームワークはどこから来るんでしょう

完成した空間にはお客様の想いがこめられてます。
その想いに応えられるチームの心が本当に大切です。
決して、合理だけではなく つじつまが合うという事だけでもなく
共に仕事ができるという喜びが感じるメンバーだからこそなんだろうと
この頃思います。

さて、又 お客様に喜んでいただける商品を探してきます。

マンションリフォーム キッチンリフォームするなら アトリエテッラへ 

 

 

 

 
 ゴルデンウィークも終えあっという間の日常に・・・
皆さんはどんなGW休暇をお過ごしになられましたか?

携帯は鳴らないのかな~と思いきや・・やはり呼ばれました
新しい出来事とご縁もありとても充実した時間を過ごせましたマル

さて、5月5日は5・5と奇数が続き良い日なのだそうです。我が家は菖蒲湯につかり
鋭気を養いました。(今年はお隣の月花さんにお世話になりました)

本日、マンションリフォームのご相談を受けたお部屋に伺ってきました。
うん!? 天井高が各お部屋で段差・壁も二部屋を一部屋にすると段差がついて
しまいます。 
新築の頃はリフォームのシュミレーションがあまり無い時代であったのでしょうね。
新築時にリフォームを想定した造りですと15年・20年後のリフォームは換気・給排水管等々
住まい手の自由度がもっと広がりを持てるのだろうと・・感じております。

暮らし方も30年の間に変化してますし、気温も変化してますから室内で感じる室温も
違いサッシ・設備にも 考えるほど『更に暮らしやすく・住みやすく』するにはっと

どうぞお客様もいろいろ考えてみて下さい。
こうできるかな、あーできるかな(素材で不可能な事はありますので宜しくお願いします)と
愛着を持ってお住まいに手を入れてみてください。
何かありましたらどうぞアトリエテッラ スタッフにご相談ください。
お待ちしております。
 
  

 

 

 

 

 
 ゴールデンウィーク 丁度真ん中
気温がここ何日か低かったので桜を楽しめる日が少々伸びましたね

円山店では新築分譲マンションの室内施工のご依頼が増えてきました。
本日は、ダウンライト施工をご紹介します。

マンションではリビングダイニングが同一空間の場合が多く
今回はお客様のご要望でリビングをダウンライトのみダイニングを輸入シャンデリア
を納めさせて頂きました。

お引越しの前からインテリアにこだわりを持たれた暮らし方をされていたご夫妻
マンションの最上階をご購入され暮らしのシーンを1ケ月の間コーディネートされ
本日無事にお引越しです。

1)施工前
s-terraダウンライト 施工前

2)施工中
天井裏には様々な目には見えない○○があります。
家具の配置等考え、5灯 割付してます。
s-terraダウンライト 施工中

3)施工完了
調光器もスイッチ横に取り付け完了です。
窓側のシェード もこの位置ですと夜のシーンも楽しい時間になるかと・・・
s-terraダウンライト 施工後


ダウンライトもLED ランプを使用した器具が各メーカーより勢ぞろいしてます。
定価で27000円ほどです。

 

 

 

 

 
 2月にお引渡しをさせて頂いた新築をご紹介します
当社は土地探しからお手伝いをしております。
お住まいのプランをするにあたり敷地を調査しまして
隣地との窓高さ、設備等 を調査、敷地のレベルは+-どうなのか・・・
採光・通風等々 その土地を活かせるプランニングがここから
スタートします。
s-terra更地


間口は広いのか、置行のある土地なればゾーニングでお部屋の位置関係・水廻りにも
変化をもたさなければなりません。

さープランが決まったら確認申請手続きと合わせてご契約に入ります。
許可がおりましたらいよいよ着工です。
s-terra基礎完

配筋、型枠、コンクリートを入れて日にちを置いて検査を入れてと
重要な基礎部分の工程が進みます。

と構造等は後日、当社のリニュアルしたホームページでご紹介します。

気になるのは、奥様の活躍の場 キッチン。
s-terraキッチン

IHヒーター・食器洗浄機 付きで広々としたキッチンとなりました。

そしてダイニングからみたリビングです。
s-terraリビング

s-terra外観


そして外観デザインです。3世帯のお住まいとなりますのでゆったりとした
お住まいとなりました。

あったかいお住まいが完成しました。

注文住宅 デザイン住宅 するならアトリエテッラへ

施工監督、大工の皆さん お疲れ様でした。 お客様の喜びがこれからの励みになりますね。 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2008 住まいを思いとおりに, all rights reserved.

アトリエテッラ

Author:アトリエテッラ
札幌で注文住宅建築、戸建て・マンションのリフォーム、店舗設計施工、インテリア販売等 を取り扱っているアトリエテッラです。
建築の情報だけに限らず、日々の生活にかかわる情報を紹介していきます。

円山店:日曜定休
イオン店(手稲区):年中無休

ランキング参加中です。
リフォーム 注文住宅 インテリア 新築 住まい 札幌 ブログ

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。